介護脱毛名古屋を行うならここ 

高齢化か進む中で必要性が高まっているのが、介護脱毛です。脱毛というとおしゃれやエチケットというイメージが強く、どうしても若い人がするものというイメージがあるかもしれません。ですが、脱毛は若者だけに必要とされているものではないのです。

介護脱毛は今や常識?

介護脱毛という言葉を聞いたことがありますか?

介護を必要とする年齢になっても脱毛のニーズはあります。若い頃のように肌を露出させる機会も少なく、外出の機会も少なくなりますが、だからといって脱毛が必要なくなるかと言われるとそうではありません。むしろ、なぜ脱毛が必要なのかという理由が若い方とはちょっと違ってきます。

今や、介護脱毛は、常識になっている部分もあって、決して珍しいものではありません。介護者の方も、そして、介護を受ける方にとっても必要なのが、介護脱毛です。実際に、脱毛をすることで介護が楽になったという方もいらっしゃいます。

まだまだ、一般的ではない部分もありますが、介護脱毛は今の時代、そして、今からの時代の常識になっていくサービスといっても過言ではありません。

介護脱毛とは

介護脱毛とは、要介護者の方が脱毛をすることです。

いざ、介護を受けるようになったときに、デリケートゾーンのムダ毛があると邪魔になったり、衛生面での問題が発生することも多々あります。また、介護をしてくれる人に見られるわけですから、エチケットとして脱毛をしておくという部分も当然あります

介護脱毛は、介護を必要とする人が受けるもの・・・ですので、介護の時に脱毛までしてあげるという意味ではありません。

介護脱毛のエチケットとは、見た目を綺麗にするということではなく、介護をしてくれる人の負担を減らすこと、そして、自分の身体にかかる負担や精神的なストレスを軽減するのが目的です。ですので、介護脱毛は、腕や足ではなくデリケートゾーン・・・つまりVIOの脱毛がメインです。もちろん、介護脱毛と併せて脇や腕の脱毛をするとう選択肢もあります。

介護脱毛の必要性

介護脱毛なんて必要あるの・・・?と思ってしまいますが、実際に、介護をするとなるとムダ毛の存在はとてもやっかい・・・。マナーやエチケットという面ももちろんあるのですが、介護の際に大変なことのひとつ排泄処理をする時に、アンダーヘア長かったり、量が多かったりすると拭き取りが大変になってしまいます。そうなると衛生的にも問題が生じます。

そして、アンダーヘアが多いと、ムレやニオイの原因にもなりますので、介護を受けるのであれば、庵含めて脱毛をしてケアをして置いた方がお互いにストレスを減らすことができるのです。

もちろん、アンダーヘアを脱毛することに対して、抵抗がある方もいらっしゃいますが、アンダーヘアの脱毛はすべてムダ毛をなくしてしまうというものだけではないので、早めに脱毛をして置く方がいいのです。

もちろん、アンダーヘアの脱毛は1回では済みませんから、介護を受ける前に計画的に脱毛をしておく必要があります。また、サロンの脱毛の場合、メラニン色素に反応するタイプの脱毛だと白髪になると脱毛ができなくなってしまいます。もちろん、白髪でも脱毛できるSHRという脱毛もありますが、毛は一度、白髪にってしまうと元に戻ることはほとんどないといわれているので、年を重ねる前に脱毛をして置くという方もいらっしゃいます。

中には、40代くらいから将来のことを考えて脱毛をしておくという方もいらっしゃるそうです。

脱毛は時間がかかるので、計画的に将来のことを考えておくことはとても大切です。

 

介護脱毛で、重要なのはデリケートゾーンです。デリケートゾーンのことをよくVIOと言う言葉であたらしますが、VIOそれぞれに介護脱毛をする理由があります。

まず、Vラインは毛の量がおおくムレやニオイの原因になるので、毛の量を減らしておくほうがいい部分です。そして、iラインですが、ここの性器の周りにあたるとてもデリケートな部分ですが、排尿の際の汚れやニオイの原因になるため、ムダ毛はない方がいい場所です。最後にお尻の肛門の周辺のoラインですが、ここも排泄の際に汚れやすく一度汚れると拭き取りが大変になることもあるので、ムダ毛は少ない方が好ましい部分です。

介護のことを考えるなら、できるだけ毛の量は少ない方がいいのですが、どうしてもすべてのアンダーヘアをなくしてしまうのは抵抗があるという方もいらっしゃると思います。そのような場合は、前から見たときに解るVラインだけ毛をある程度残しておいて、他の部分は脱毛してしまうという方法もあります。

IラインやOラインは汚れがつきやすい部分でもありますし、自分で見ることがないところなのですべて脱毛してしまっても抵抗は少なくなります。Vラインのみ自然な感じで毛を残しておけば、精神的な抵抗も少なく、介護も楽になります。外国とは違って、日本ではアンダーヘアを処理するという文化があまり根付いていないことも多く、若い方でもアンダーヘアを処理しないというケースもあります。もちろん、それぞれの考え方があってよいのですが、介護脱毛の場合は、介護をしてくれる人に迷惑をかけないこと、負担を減らすこと。そして、介護を受けるときに自分も楽になることがその目的にあります。エチケットのための脱毛は、介護をしてくれる人の負担をへらし、そして、自分も汚れやニオイ、ムレを減らすことができるので、一石二鳥という側面もあります。

実際に、介護脱毛は40代から考える方も多く、時間をかけてしっかりとケアをすることで毎日の生活が楽になったとか、ムレによる肌荒れの軽減につながったという方もいらっしゃいます。

年を重ねてからの脱毛は、抵抗もよりつよくなりますし、肌が弱くなってしまうケースもあるので、VIOに関しては早めに脱毛をして置く方がいいかもしれません。

 

 

介護脱毛は自分でしてはいけない理由

介護のことを考えるなら、脱毛しておいた方がいいデリケートゾーンの介護脱毛ですが、自分でのケアは危険です。

デリケートゾーンは肌が柔らかく形もとても複雑ですので、自分でカミソリを当ててケアするのは危険です。それに、カミソリやシェービングを自分でしても綺麗に脱毛できないかもしれませんし、早い倍だと数時間でまた、毛が生えてきてしまいます。

自分からの見えづらいデリケートゾーンの脱毛を自分でのケアで済ませるのはあまりにもリスクがたかいといっていいでしょう。

今更、デリケートゾーンを人に見せるなんて・・・若い子に交じって脱毛サロンに通うのは抵抗があると言う方もいらっしゃるかもしれませんが、介護脱毛をする人は増えているといいますし、脱毛そのものは決して特別なことではありません。

介護脱毛専門の脱毛サロンもありますし、自分でのケアをしても結局、頻繫にケアをいすることになる・・・のであれば、脱毛サロンでしっかりとプロの施術を受ける方が安心です。介護脱毛専門の脱毛サロンなら、若い方向けの格安キャンペーンなどを行わず、デリケートゾーンを専門に脱毛してくれます。もちろん、正面からみたときに毛が全くない状態にしないデザイン脱毛もできるので、介護脱毛をするならそういったサロンにお願いするか、デリケートゾーンの脱毛ができる脱毛サロンやクリニックを利用するのがオススメです。

名古屋の介護脱毛ならココ

 

名古屋には、たくさんの脱毛サロンや脱毛クリニックがあります。ほとんどの脱毛サロンや脱毛クリニックでデリケートゾーンの脱毛ができるので、介護を見据えた脱毛も可能です。

名古屋で介護脱毛を専門にしているデザイン脱毛ができサロンならアドラーブルがオススメです。

住所愛知県名古屋市東区矢田南4-102-3
イオンモールナゴヤドーム前店1F
電話番号052-725-3068
営業時間9:00~21:00
定休日イオンの定休日に準じる
無料カウンセリングあり

です。

ナゴヤドーム前矢田駅から徒歩5分という好立地にある脱毛サロンです。介護脱毛の料金プランが用意されていて、ライフデザイン脱毛パックでの脱毛が可能です。

介護をしてくれる人の事を考えつつ、自然な形でvラインの毛を残すことで精神的なストレスを軽減しての介護脱毛ができます。デリケートゾーンは肌だけでなく、精神的にもデリケートな場所。だからこそ、利用者の方にりよそった脱毛を心かげている脱毛サロンです。

もちろん、他にも名古屋にはたくさんの脱毛サロンや脱毛クリニックがあります。デリケートゾーンの脱毛ができるサロンでデリケートゾーンの介護脱毛をしていきましょう。無料カウンセリングを実施しているところが多いので、まずはカウンセリングをしてみるのもオススメです。

月額5400円

名古屋最安値の医療脱毛と全身脱毛はフレイアクリニック。キャンセル可能なカウンセリングは以下からどうぞ。
【無料】フレイアクリニック公式カウンセリングはこちら フレイアクリニック名古屋

他の名古屋の全身脱毛については以下からどうぞ。
名古屋の全身脱毛

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です